公開日: |最終更新日時:

インプラント治療で保険は受けられる?

見た目にも噛み心地も自分の本当の歯と殆ど変わらず、しかもブリッジや入れ歯などと違って他の健康な歯にまで負担をかける心配のない、インプラント。しかし気になるのはその費用ですよね。インプラントは高いというイメージがありますが、実際のところどうなのでしょうか。

インプラント治療は保険適用外

一般にインプラントが高いと認識されているのは、保険適用外の治療となるため。保険が利かないと全額を負担しなければなりません。保険が適用されないのは、病気と見なされないものや治療のためではないものや先進医療とされている治療が該当します。

入れ歯やブリッジという選択肢もある中インプラントを選ぶということは、「見た目の美しさや噛む機能を向上させたい」という意図があると見なされるため、「病気や治療のためと見なされない」のです。このため、インプラントの材料費や精密検査、外科手術代、メンテナンスなどは全て保険適用外となり、1本あたり30~50万円ほどかかると言われています。

インプラントが保険適用内になるケース

虫歯や歯周病によって歯を損失した場合、インプラント治療は保険適用外。「保険で治したいならブリッジや部分入れ歯にすれば良いじゃないか」というわけです。逆に言えば、ブリッジや入れ歯といった保険適用内の治療では回復が難しいと考えられるなら、インプラント治療に保険が適用される可能性があります。

「ブリッジや入れ歯治療では回復が難しいケース」とは、顎の骨が大きく損失している場合。具体的には、上顎や下顎の骨の3分の1以上が連続して欠損している、あるいは上顎洞または鼻腔へと繋がっている場合で、その原因が先天的なものであれ病気や事故の外傷によるものです。このような状態であればインプラントも保険適用内となります。

ただし、このようなケースでも国から認められた施設での治療でなければ保険が適用されません。国の認めるインプラント治療施設の条件とは、「20床以上の病院の歯科」「医療機器や医薬品の安全管理体制が整っている施設」「当直体制が完備されている施設」「5年以上の口腔外科経験、あるいは3年以上のインプラント治療経験のある常勤の歯科医師が2名以上在籍している施設」で、これらの条件をすべて満たしていなければ保険診療内とはなりません。

インプラント治療費の支払い方法

自由診療となるインプラントの費用や支払い方法は、各医療機関で異なります。インプラントではまず検査をおこない、その結果から治療にかかる費用も見積もることができるため、この時点で支払額も提示されることでしょう。これを支払う時期に関しては、治療開始時、あるいは完了後の一括払いであったり、通常の保険内治療のように治療の進行に合わせた分割払いであったりします。

また支払い方法には直接歯科医院に現金払いする方法の他に、医院が指定する金融機関への振込み、クレジットカードでの支払いなどもあります。自分がインプラント治療を考えている歯科医院ではどんな支払い方法を受け付けているのか、予め確認しておく必要があるでしょう。

「格安インプラント」は本当にお得?

1本あたり30~50万円が相場のインプラントですが、「格安インプラント」を謳っている歯科医院も見受けられます。しかし中には価格を下げるために本来削ってはならない経費を浮かしている歯科医院もあるため、値段だけで飛びつくのは非常にリスクがあると言えます。

例えば倒産寸前のメーカーのものを使用している場合、安く手に入るもののその後保証やメンテナンスを受けられない可能性も考えられますし、人工歯部分の素材が低品質だと時間と共に変色や破損が出てくる可能性もあります。

治療費用を節約するために局所麻酔のみを使用していたり十分な検査をおこなわなかったりすると、痛みだけでなく施術そのものに問題があるかもしれず、結局他の歯科医院で一からやり直し、という最悪のケースにも繋がりかねません。

一方、費用が相場内であっても腕の良い信頼できる歯科医であれば、術後の経過も良く長く使えるインプラントを手に入れることができます。質とのバランスを考えれば、結果的に「安くてお得」なのはどちらなのか、言うまでもありませんね。

デンタルローンという方法も

インプラントのようにどうしても高額になってしまう歯科治療に関しては、「デンタルローン」を利用するという方法もあります。デンタルローンとは歯科治療費に対して立替払いをしてくれるという制度で、契約した信販会社が患者に代わって治療費を支払い、患者はその金額を月々分割で利息と共に信販会社に返金します。

クレジットカードや銀行の多目的ローンに比べて金利が低く、高額治療にも対応できるよう利用限度額が高く設定されているのがメリットで、これまでインプラントに関心があっても治療費が問題となって踏み出せなかった人にとっては新たな選択肢となり得るのではないでしょうか。

ただし、デンタルローンは取り扱っていない歯科医院もあるため、予めその点を確認しておきましょう。

静岡市でおすすめの
インプラント歯科医院を見る

歯周病が進行すると、経年とともに骨量・骨密度はどうして低下してしまいます。いざインプラント治療を受けようとしても、医師の技術不足で結局他院での治療になるケースも。ここでは、骨が少ない、足りない方でもインプラント治療(※)ができるクリニック4院を、費用の安い順にご紹介します。
※当サイト内で紹介しているクリニックの中で、「自家骨移植」「サイナスリフト」「ソケットリフト」「CGF療法」「GBR」「スプリットクレスト」の各治療方法から、対応治療数の多いクリニック3院を選出しています(調査日時:2021年6月)。

インプラント費用 対応治療
静岡駅前歯科クリニック
054-251-8400
静岡駅前歯科クリニック

公式HPを見る

※上部構造
(セラミッククラウン)の
費用込:22万~(税込)
自家骨移植、サイナスリフト、
ソケットリフト、CGF療法
松崎デンタルオフィス
054-287-7363
松崎デンタルオフィス

公式HPを見る

※上部構造
(セラミッククラウン)の
費用込:25万~(税込)
サイナスリフト、
ソケットリフト、CGF療法、
GBR
日本平デンタルクリニック
054-368-6617
日本平デンタルクリニック

公式HPを見る

※上部構造
(セラミッククラウン)の
費用込:41万8千円(税込)~
(※インプラント体33万+上部構造8.8万)
自家骨移植、サイナスリフト、
GBR、スプリットクレスト
静岡駅前歯科クリニック
054-251-8400
静岡駅前歯科クリニック

公式HPを見る

電話で問い合わせる

:※上部構造
(セラミッククラウン)の費用込:22万~(税込)
:自家骨移植、サイナスリフト、ソケットリフト、CGF療法
松崎デンタルオフィス
054-287-7363
松崎デンタルオフィス

公式HPを見る

電話で問い合わせる

:※上部構造
(セラミッククラウン)の費用込:25万~(税込)
:サイナスリフト、ソケットリフト、CGF療法、GBR
日本平デンタルクリニック
054-368-6617
日本平デンタルクリニック

公式HPを見る

電話で問い合わせる

:※上部構造
(セラミッククラウン)の費用込:41万8千円(税込)~
(※インプラント体33万+上部構造8.8万)
:自家骨移植、サイナスリフト、GBR、スプリットクレスト

※2021年6月時点の調査結果に基づきます。