HOMEインプラント治療の基礎知識~トコトンQ&A~
治療費用はいくら?

治療費用はいくら?

インプラント治療の費用相場についてまとめてみました。

インプラント治療費の決まり方

財布の画像

インプラント治療は、健康保険に適用されないので100%自費診療です。インプラント自体の原価も高額なため、インプラント治療は総じて安いとは言えません。

また、治療費は国ではなく各医院ごとに定められるので、医院によってまちまちです。

インプラント治療費の内訳は、「検査・診断の費用」+「手術の費用」で決まります。

「検査・診断」は手術前に必須のもので、検査内容によって異なりますが、概ね専門の機器や設備によって行われます(インプラント治療では特に、歯科用CTによるスキャンが必要になります)。

また、「手術の費用」は「インプラントの埋入手術にかかる費用+上部構造にかかる費用」の合計で表示されることが多いです。

インプラント治療費の内訳

インプラントはトラブルや治療によって歯が抜けた部分に、人口の歯を埋め込む治療法です。

入れ歯や差し歯などの設備と違い顎の骨としっかり結合することができるため、埋め込んだ歯が施術後に抜けることはありません。

施術費用は一本あたり200,000から600,000円程で、施術を受ける際は多額の資金を用意する必要があります。しかしこの金額は費用相場であるため、実際に施術を行う際の費用は施術内容によって異なることが多いです。

現在インプラントに使われている被せ物には、いろいろなバリエーションが登場しています。

変色しにくく自然な見た目を維持できるジルコニアセラミッククラウン、自然な艶と色が人気のセラミッククラウンなどそれぞれの製品が持つ特徴もさまざまです。

インプラントの治療費用はクリニックのホームページで紹介されているので、治療を受ける予定の方はホームページをチェックして事前に施術費用を把握しておきましょう。

インプラント治療の相場は?

日本インプラントセンターでは、隔年で全国の歯科医院を対象に「インプラント費用の徹底調査」を実施しています。

全国362の歯科医院を対象にインプラント費用の調査を実施したところ、

2009年は全国平均310,000円 2011年は全国平均325,000円とのことでした。

患者さんによって症状が違うので治療内容も治療の難易度もことなってくるため、一概に上記金額がインプラント治療の平均費用だとはいえませんが、いちおうの目安にはなると思います。

ブリッジとの費用比較

インプラント治療を受ける際はその前に検査を行い、歯の状態を確認することで施術可能であるかどうかを調べます。

術前に行う検査や診断の費用は、15,000円から50,000円程です。

それに比べてブリッジ治療は、検査費用が2,000円から4,000円程とリーズナブルな価格になっています。

治療費用の総額も20,000円から30,000円程とインプラントより安く設定されているので、安いコストで人工歯を入れたい方にはブリッジがおすすめです。

しかしインプラントと違いブリッジは他の歯にかかる負担が大きく、人によってはストレスが溜まってしまう可能性があります。

普通の歯と同じように人工歯を使いたい場合は、多額の費用を支払ってでもインプラント治療を受けるのが最適です。

メンテナンスの費用相場はインプラントが10,000円程、ブリッジが3,000円程となっています。

入れ歯との費用比較

上記で紹介したように、インプラントの事前診察にかかる費用は15,000から50,000円ほど。対して入れ歯の場合は事前診察の段階から、入れ歯の「型」を取っていくことになります。

保険適応の入れ歯の場合は、片顎全てを入れ歯にしても15,000円からといったところ。入れ歯が出来上がるまでの時間もインプラントに比べれば短く、費用面、時間面では入れ歯に軍配が上がると言えるでしょう。

また取り外しが容易なことから、慣れない間でも簡単に取り外して歯茎を休めてあげることができます。衛生面から言っても、目視で洗浄することができるので、清潔に保ちやすいという点を挙げることができます。

簡単に、かつ費用を抑えたいと考えている方にとっては、入れ歯も十分に機能的なものだと感じます。

ただし、入れ歯は歯茎にはめ込んで使うものです。歯茎と入れ歯の間を密着させるための素材なども販売されていますが、どうしても熱い飲み物を飲んだ際などに素材が溶けだしてしまうことも考えられます。咀嚼する際にずれやすい、という面があるということは否めません。

また、きちんとメインテナンスをしていれば10年は持つインプラントとは違い、素材がプラスチックである保険適応の入れ歯は、5年程度が寿命といわれています。

耐久性、咀嚼性、将来性においてはインプランの方が上位に立つといえるでしょう。

保険適応外の入れ歯になれば20年以上もつ、とも言われますが、費用も高く、出来上がるまでの時間も長くなってしまいます。同じ費用をかけるのならば、審美性において圧倒的優位に立つインプラントの方がおすすめだといえるでしょう。

差し歯との費用比較

差し歯にも入れ歯と同じく、保険適応ができるものと保険適応外のものがあり、この2者の違いだけで100,000円以上の差額が出る場合もあります。

したがってここでは、一般的に使われることが多い保険適応の差し歯についてご紹介していきます。

保険適応の差し歯の場合、使われる素材はレジンと銀のみとなります。前歯などの見えやすい歯にレジンが使われ、奥歯など噛むことが必須となる歯には銀歯が適用されます。

差し歯の場合は1本あたりおよそ3,000円から8,000円程度。使われる差し歯の場所や、レジン、銀の大きさによって費用が変わってきます。1本あたりの費用で言うならば、インプラントより安く仕上げたいという方にもおすすめできるでしょう。

しかし、レジン、銀どちらにしても審美性はインプラントに大きく劣ります。銀歯はそのまま金属の色になるので、白い歯の中では浮いて見えるでしょう。また、レジンは白色ですがそもそもの歯のような透明感はありません。

したがって、1本だけ色合いが違った歯があるように見えてしまうのです。また、経年劣化により黄ばんでくることもあります。

また、レジン=プラスチックであるとも言えるので、場合によってはかけてしまったり割れてしまうなど耐久性もそこまで高いとはいえません。審美性や耐久性においてはインプラントの方に軍配が上がりますね

ただし、保険適応で差し歯を作った場合、料金内には「補綴物維持管理料」という料金も含まれています。これは保証期間内である2年間の間ならば、かけたり割れたり、または抜けてしまった場合に無料で再治療を受けられるための補償料金。

部活を頑張っている年代のお子様など、歯が欠けてしまうことも考えられるようならば、無理にインプラントにしなくてもいいかもしれませんね。

もちろんインプラントがとても優秀な治療法であることは変わりません。

自身の現状に合わせて、一番に必要となってくる要素は何なのか?といった点から治療法を選んでみましょう。

高いからいい!というわけでもない

歯

格安を押し出したクリニックでトラブルがあったこともあり、高いインプラント=信頼できるというイメージがあります。

しかし近年、技術の進歩にともなって、安いのに高機能なインプラント(HAインプラント/AQBインプラント等)も登場してきています。

インプラントは高すぎて手が出ない、という方は、そういったインプラントを扱っているクリニックを探してみてはいかがでしょうか。

差し歯や入れ歯、ブリッジといった選択もありますが、これらは健康な歯にもダメージを与えてしまいかねません。

満足の行く歯を手に入れるためにも、信頼できるドクターをじっくり見極めることが大切です。

ローンで施術費用を軽減

インプラントは人工歯を埋め込む治療法であるため、施術後は普段と同じように食事や会話を楽しむことができます。

しかし比較的新しいタイプの治療法であるため、他の治療に比べて多くの資金が必要になります。

そこで役立つのがデンタルローンです。デンタルローンは歯科治療限定の立替払制度で、信販会社に治療費を立て替えてもらうことができるサービスになります。

それぞれの収入に合わせて支払いを行うことができるので、うまく活用すれば誰でも簡単にインプラント治療を受けることが可能です。

分割手数料も安く抑えられているので、ローンの利用によって費用負担が増えることはありません。また一般のローンとは違い、主婦や年金受給者の方でもデンタルローンを利用することは可能です。

治療費の負担に悩んでいる方は、デンタルローンを利用することでインプラントの治療費を安くしていきましょう。

topへ