【完全版】静岡で評判のインプラント歯科ガイド » 【特集】可能性はまだある! インプラントができないと言われた方へ

【特集】可能性はまだある! インプラントができないと言われた方へ

インプラント治療ができない
をできる!に変える治療

顎の骨が薄い、骨量が足りないため、インプラントができないと歯科医師から言われた人もいらっしゃると思います。

けれども、あきらめるのはまだ早い!顎の骨を補う、骨造成術を使えば、インプラントが可能になるケースもあるんです。ここでは、代表的な骨造成術を紹介していきます。

サイナスリフト

上顎の骨が薄かったり、骨量が足りない場合に用いられる「上顎洞底挙上術」のひとつ。骨の厚みが5mm以下の場合や、失われた歯の本数が多い場合に用いられます。

サイナスリフトの特徴や治療方法、気になるリスクなどもしっかり見ていきましょう。

ソケットリフト

サイナスリフト同様、上顎洞底挙上術のひとつで、上顎の骨が足りない場合に用いられます。

サイナスリフトが上顎洞の側面を切開するのに対し、歯槽頂からアプローチするため、サイナスリフトよりも負担が少ない手術です。

ソケットリフトの治療の流れや特徴を紹介していきます。

GBR

骨誘導再生法とも呼ばれ、歯槽骨や顎の骨の再生を促す治療法。骨が不足している部分に骨補填材や自家骨を細かく砕いたものを注入し骨の再生を促します。

骨再生法の中ではメジャーな骨再生法「GBR」の治療の特徴や気になるリスクなどをまとめています。

再生治療

再生治療の代表的なものにはPRP・A-PRF・CGFがあります。再生治療は、切開した歯茎の傷の治癒を早めたり、骨組織の再生を促すことができ、骨が足りない部分のインプラント治療を可能にしてくれます。

PRP・A-PRF・CGFは、患者自身の血液を採取して造られます。拒絶反応などのリスクはなく、副作用が少ない治療だといわれています。※ただし、全くリスクがないわけではないので、医師に必ず確認するようにしましょう。

自家骨移植

自分の体の一部から骨を採取し、インプラントを埋め込む部位に移植する方法です。

下顎の傾斜部や下顎枝部(親知らずの奥の方)から自家骨を採取し、骨が不足しているところにネジで固定し、骨が結合するのを待ちます。

自分の骨を使っているので、拒絶反応などの心配はありませんが、注意する点は他の治療と同様に何点かあります。

治療方法とともに、考えられる副作用などをチェックしていきましょう。

「どのインプラント歯科医院を選んでいいのかわからない…」そんな静岡市におすまいのあなたのために、
「対応できる治療範囲」「院長先生の所属学会の資格」「痛みが少ない」「体に負担が少ない」
の4つのポイントにこだわって、こだわりの強い静岡さん一家が調査してきてくれました。
静岡家4人中2人以上の票を獲得した3院はコチラ!

インプラントのメリット・デメリット(リスク・副作用)

義歯をしっかり固定できるので、食事など日常生活が快適に送ることができたり、他の歯に負担をかけないなどのメリットを持つインプラント治療。
しかしインプラントに使われているチタン素材と粘膜との結合が強くないので、結合されてない箇所からの感染の可能性もあるんだよ。治療後のリスクや副作用は、必ずクリニックに確認しましょう。

参照元:日本口腔インプラント学会HP「よくある質問」http://www.shika-implant.org/qa.html#q7

インプラントの治療期間と費用目安

インプラントの治療期間は、約4ヶ月程度。とはいえ、症状・治療法(1回法/2回法)・インプラント埋入手術の後に必要な治癒期間(下の顎では2-3カ月程度、上の顎では4-6カ月程度)によっても前後します。[※1]

また費用に関しては、全国の30~70代のインプラント治療者400名に対して実施したアンケート(2015年4月)によると10万~50万円の費用目安と地域やクリニックによって大きく異なります。[※2]

[※1]参照元:日本口腔インプラント学会HP「よくある質問」http://www.shika-implant.org/qa.html#q9

[※2]参照元:日本口腔インプラント学会「教えて、インプラント治療ってなに」http://min-implant.jp/beginner/data/