入れ歯

歯抜け治療の代表格、入れ歯・部分入れ歯のメリット・デメリットをリサーチしてまとめてみました。

入れ歯・部分入れ歯の
メリット・デメリット

総入れ歯は、上顎の口の粘膜、下顎の歯茎の上に装着して使用。部分入れ歯は、残っている健康な歯に留め具をかけて固定する歯抜け治療です。

ここれは、入れ歯治療のメリット・デメリットをまとめてみます。

入れ歯・部分入れ歯のメリット

  • 着脱可能なため、とりはずして洗うことができる。
  • 複数の歯がなくなった場合も対応できる。
  • 保険が適応されるので安価。
  • 安全な治療なので治療中に事故がおこることはない。
  • 自由診療で高性能なものをつくることもできる。

入れ歯・部分入れ歯のデメリット

  • 慣れるまで違和感や不快感がある。
  • 食べ物の味や温度がわかりにくくなる(総入れ歯の場合)。
  • 留め具をかける歯に負担がかかる(部分入れ歯の場合)。
  • 口の中で動きやすいのでガタついたり、痛みがでることもある。
  • 固いものが噛めない。
  • 食べ物が挟まって痛かったり、不衛生になりやすい。
  • 発音がしにくくなる。
  • 天然の歯と歯根がなくなっているのでアゴの骨や歯茎が痩せてくる。

インプラントと入れ歯・
部分入れ歯との違い

インプラントと入れ歯は、どちらも失った歯の代わりに入れる人工歯ですが、その装着方法や施術の費用は異なります。まずは、インプラントと入れ歯の違いについて見てみましょう。

【インプラントVS入れ歯】
装着方法の違い

インプラント

インプラントと入れ歯の一番大きな違いは、着脱ができるかできないかという点です。

インプラントでは顎の骨に人工歯根を埋め込んで人工歯を完全に固定するため、外科手術を行わない限り着脱は不可能です 。

そのため、治療費用は入れ歯に比べると格段に高くなります。

しかし、骨に固定するため、装着感や安定率、噛む力や負担の分散はインプラントの方が高い効果を発揮します。

入れ歯・部分入れ歯

入れ歯は骨に固定することがなく、着脱することが可能です。総入れ歯なのか、部分入れ歯なのかによって固定させる方法は変わります。

総入れ歯の場合は義歯床(ぎししょう)という部分を上あごに吸着させて固定するため、入れ歯安定剤を使用してセットします。

部分入れ歯の場合は、クラスプというフックのようなパーツを残っている歯に引っかけて固定します。

入れ歯を上あごにマグネットのようにくっつける・フックに引っかけるといった方法のため、患者自身で取り外しができます。

そのため、入れ歯は外科手術を必要とせず、患者自身での洗浄やメンテナンスがしやすいといった利点があります。

【インプラントVS入れ歯】
使用感の違い

インプラント

歯の下部分に人工歯根(インプラント)を埋め込むので、外からは金属部分が目立たずに見た目が自然です。

セラミックなど上の義歯部分の審美性にこだわると、ほぼ自然な歯と変わらぬ見た目を手に入れることができます。

しっかりと顎骨に定着させるので、入れ歯やブリッジと異なりズレや隙間などに起こる異物感が軽減されます。

さらに、自分の健康な歯の咬合力(こうごうりょく)に近い70%から80%程度の力で噛むことが可能なので、健康な歯のころとあまり変わらない使用感で利用できます。

入れ歯

入れ歯の場合は、サイドの歯にフックをかける方法や上あごに固定する入れ歯接着材などを使用する方法で歯をセットします。

完全な固定ではないので、噛む力は健康な自分の歯の状態から比較すると、約30%の咬合力まで落ちてしまいます。

部分入れ歯の場合は、加齢による歯茎の痩せ・骨格変化や入れ歯の摩耗、パーツの熱変形などで使っているとズレが生じることがあります。

そうなると隙間に異物が挟まったり、干渉して痛みや違和感が出たりするケースがあります。

また金属のパーツを使用した部分入れ歯は、金属部分が見えてしまうことがあるので、自然な歯には見えないでしょう。

接着材で固定する場合は目立ちにくいですが、扱いにより入れ歯が外れる恐れがあります。

インプラントと入れ歯
どちらを選ぶべき?

上記ではインプラントと入れ歯の装着感や施術からの違いを説明しましたが、インプラントの方が確実に良いということではありません。

見た目や装着感、咬合力は高いものの、インプラントにもデメリットは存在します。結局利用するのは患者個人なので、歯や口腔環境の状態などの個人差があります。

入れ歯・インプラントのどちらに向いているのかを考えて選ぶようにしましょう。

入れ歯の方が向いているタイプ

外科手術をしたくない人、できない人

  • アレルギーや施術を受ける体力不足
  • 他の病気の治療中(放射線治療、ホルモン治療など)で外科手術(インプラント治療)を受けることができない
  • 切開などを行う手術を受けたくない

外からセットするだけの入れ歯は手軽で安心です。また、外科手術での傷がないため、傷からの感染症リスクも抑えられます。

治療に時間をかけたくない人

入れ歯であれば短期間で人工歯を入れることができます。

インプラント治療は、治療期間が長いと言われています。確かに昔であればトータルで3ヶ月~10ヶ月程度かかるといわれていましたが、近年では治療方法やインプラントの素材自体も進化し、以前より短い期間で治療を完了することも可能です。

治療費をあまりかけられない人

インプラントは、入れ歯と比べて通院期間・施術難易度と費用などが高くなります。

入れ歯治療でも保険適用外の治療を選ぶと最大130万円以上かかるケースもありますが、保険適用範囲内の治療であれば安価で行うことが可能です。

保険適用の場合は、部分入れ歯5,000円程度、総入れ歯は1万円程度の治療費がかかります。

インプラントの方が向いているタイプ

失う前と同程度の咬合力が必要な人

歯は、食べものを噛むためだけでなく、体のバランスを取ったり力を込める際に食いしばったりするなど多くの役割を担っています。

そのため、安定感が高く、ある程度硬いものも噛める(負荷に耐えられる)人工歯を考えるならば、インプラントがおすすめです。

義歯外れやズレを避けたい人

人工歯が簡単にズレる・外れることで痛みや違和感、ズレた隙間に食べものが入るリスクを避けたい人は、自前の歯のように扱えるインプラントが向いています。

審美性を維持したい人

多少治療に時間がかかっても、自然な見た目で「自分の歯があったときの状態に戻したい」という希望が強い方・注目されやすい接客業やエンターテイメント関連の仕事をしている方などはインプラントを検討してみると良いでしょう。

静岡市でおすすめの
インプラント歯科医院を見る

「どのインプラント歯科医院を選んでいいのかわからない…」そんな静岡市におすまいのあなたのために、
「対応できる治療範囲」「院長先生の所属学会の資格」「痛みが少ない」「体に負担が少ない」
の4つのポイントにこだわって、こだわりの強い静岡さん一家が調査してきてくれました。
静岡家4人中2人以上の票を獲得した3院はコチラ!

インプラントのメリット・デメリット(リスク・副作用)

義歯をしっかり固定できるので、食事など日常生活が快適に送ることができたり、他の歯に負担をかけないなどのメリットを持つインプラント治療。
しかしインプラントに使われているチタン素材と粘膜との結合が強くないので、結合されてない箇所からの感染の可能性もあるんだよ。治療後のリスクや副作用は、必ずクリニックに確認しましょう。

参照元:日本口腔インプラント学会HP「よくある質問」http://www.shika-implant.org/qa.html#q7

インプラントの治療期間と費用目安

インプラントの治療期間は、約4ヶ月程度。とはいえ、症状・治療法(1回法/2回法)・インプラント埋入手術の後に必要な治癒期間(下の顎では2-3カ月程度、上の顎では4-6カ月程度)によっても前後します。[※1]

また費用に関しては、全国の30~70代のインプラント治療者400名に対して実施したアンケート(2015年4月)によると10万~50万円の費用目安と地域やクリニックによって大きく異なります。[※2]

[※1]参照元:日本口腔インプラント学会HP「よくある質問」http://www.shika-implant.org/qa.html#q9

[※2]参照元:日本口腔インプラント学会「教えて、インプラント治療ってなに」http://min-implant.jp/beginner/data/